So-net無料ブログ作成
検索選択

まさかの入院

昨日、natuにハルとサクラを病院に連れて行ってもらいました。
ハルの耳からの出血が全然止まる気配がなく、出血を繰り返していたからです。
ついでに激ヤセしたサクラも診てもらおうと思って一緒に連れて行きました。

ハルの耳の出血は放っておくしかないとのこと。
ミニピンやイタグレにはよくあることで、先生の飼っているイタグレちゃんも出血中らしい(^^;)
一応、止血の為の皮下注射をしてもらって飲み薬も処方してもらいました。
あとは止血するまでひたすらケージの中で安静にするようにと言われました。
庭での日向ぼっこもダメ、服もダメ。
とにかく興奮させないように。
血流が良くならないように。
血まみれになっても洗ってはいけない。
傷口には一切触れずに放置あるのみ。
今ハルはゴハンの時しか出してもらえず、かなりふてくされています。
ケージ内は殺人現場か何かのように血まみれ。
血が飛び散るのでケージは新聞紙で覆いました。
床にも壁紙にもカーテンにも血しぶきが飛んでいますが地道にキレイにしていくしかありませんね。
こりゃあ根気がいるなぁ(´~`)
今朝も血がポタポタ。
本当に止まるんかいな?

で、サクラのほうですが緊急入院となりました。
診てもらったら「とにかく栄養状態が良くないようだから血液検査をしてみましょう」と言われました。
結果、肝臓に関する数値が異常値でした。
GPTが通常0~77IUのところ1000IU以上(数値が高すぎて計測不能)。
GOTが通常0~50IUのところ924IU。
ALPが通常0~400IUのところ3342IU。
どうも肝臓がほとんど機能していないらしい。
ゴハンを食べられないくらい弱っていて数値が上がるならまだわかるけど、サクラのように食欲があって元気なのにこの数値というのは異常中の異常。
先天的な肝臓疾患かもしれないそうだ。
沈黙の臓器と言われているだけに、容態が急変して最悪の結果もありうるとか。
とにかく今は専用食を与えて、点滴等の治療を施し、数値が改善するのか見る必要があるってことで入院。
予定では明日の14時頃に面会に行く予定です。
その時の状態によって入院続行か、自宅療養で治る見込みがあっての退院か、入院する意味が薄いということでの退院かが決まるはず。

毎年冬になると痩せてしまうハルとサクラ。
といってもまだ数年ですが…。
そして夏になると普通体型…っていうか油断すると肥満になってしまいそうなほどになる。
確かに今年はいつもより痩せていたけど、雪も多かったし、暖房してはいてもいつもより寒かったのかもしれない。
フードを変えたせいかもしれない。
ハルは散歩を喜ぶけど、サクラが嫌がるのもいつものこと。
ハルの耳から血が出たことと、サクラがいつも以上に痩せたこと以外はいつもの冬と同じ。
そう思っていたけど違った。

あと1ヶ月ほどでサクラは3歳になる。
もしかしたら誕生日を迎えられないんじゃないかと考えてしまう。
そんなの無理。
受け入れられない。
だって、今はこんなに元気で食欲もあるのに。

ついさっきも面会に行ってきました。
昨日は仕事で私は一緒に行けなかったので説明を聞きにね。
サクラはめちゃめちゃ元気でした(笑)

明日、自宅での食事療法で治る見込みがある退院となることを信じて迎えに行って来ます。

▼・ェ・▼・ェ・▼・ェ・▼・ェ・▼・ェ・▼・ェ・▼・ェ・▼・ェ・▼・ェ・▼・ェ・▼・ェ・▼・ェ・▼・ェ・▼・ェ・▼
ランキングに参加させてもらってます。
何もお礼は出来ませんがバナーをクリックして頂けたらとても嬉しいですm(_ _)m
にほんブログ村 犬ブログ ミニピンへ


この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。